龍王山大覚院
本堂・山門建設に向けて


 東日本大震災という、想定外の大規模地震災害に見舞われ、今後も大地震の心配をしなければならない昨今です。
 現在の本堂は、大正11年に「改築」されて以来、まもなく100年を迎えます。
 耐震診断調査を実施したところ、大地震には耐えられないことが判明し、さらには目に見えない小屋裏や縁の下は廃材を利用しており、損傷や劣化も激しく、構造にも大きな不安のあることが判明しました。
 これらの状況により、総代世話人会を開き検討を重ねました結果、耐震補強は困難であり、新築するしかないとの結論に至りました。
 加えて当寺は、豊臣秀吉の時代である天正17年(1589年)8月5日創建されたと伝えられ、平成31年には開創430周年を迎えます。また平成35年には、真言宗をお開きになられた弘法大師空海上人のご誕生1250年に当ります。
 これを記念し、またこれを機に当寺の一層の発展を期して、本堂を建設したいと発願しました。
 さらには、「あかもん」と親しまれている山門も老朽化が激しく、傾斜や腐敗が見られ、この際合せて新築し、車の出入りも容易にしたいと念願しています。
 ついては、この建設の趣旨及び建設計画・勧募計画をご理解いただき、皆さまの特段のご浄財をご寄進賜わりますよう、ここにお願い申し上げます。

平成29年8月17日  着工

いよいよ解体が始まりました。
安全祈願を行い、無事に工事が終わるようにお祈りいたしました。
まずは、山門の解体から始まって四国のお庭、本堂と進んでいきます。
車でお参りに来る方は、工事の関係上境内に車は止められませんので、
西側の駐車場に止めてくださるよう、よろしくお願いします。
なお、本堂裏の出入り口は封鎖しますので、正面または墓地西側出入り口をご利用ください。

平成29年6月18日  遷座式

遷座式を執り行い御本尊を客殿に遷座いたしました。
光の関係か、本堂とはまた違った雰囲気になっております。

Copyright (c) 2000-2017 Daikakuin-Temple All Rights Reserved.